なばなの里へのツアーは人気がある

  • 花々の楽園なばなの里を楽しむツアー

    • 大型アミューズメント植物園なばなの里は、名古屋からのアクセスも良い三重県桑名市長島町にあります。

      日本最大級を誇る広大な敷地内には、四季を通じて咲き競う花々が数多く植えられています。


      近郊にあるナガシマリゾートと同じ会社が運営していますので、リゾート内のナガシマスパーランドなどと共に楽しむことができるバスツアーが人気となっています。


      ナガシマエリアには、全国の主要都市からの直行バスが運行され人気を博していますが、宿泊費や各施設の入場チケット込みのお得なプランがあるパックツアーなども、数多く設定されています。

      関西発のナガシマスパーランドについて興味がある方にオススメのサイトです。

      なばなの里のメインとも言うべき「花ひろば」では、春のチューリップや秋のコスモスなど、季節ごとに咲く花がひろば全域を彩っています。


      「梅苑」では早春の主役しだれ梅が芳香を放ち、梅雨時にも目を楽しませてくれる「あじさい・しょうぶ園」など、いずれ劣らぬ花の競演となっています。

      毎日新聞の情報ならこちらを参考にしてください。

      お天気が今一つのときでも問題なく楽しめる大温室の「ベゴニアガーデン」では、見上げる天井にまでカラフルなベゴニアが配され、スイレンなども含めて約12000株もの花が咲き誇っています。

      隣接するバラ園でも、約800種4000本のバラたちがゴージャスな美の競演を繰り広げています。
      高い位置からパノラマで園内を見渡すことができる、動く展望台「アイランド富士」も人気です。

      美しい花々に加え、多くのツアー客が、なばなへの憧れを募らせる最大の要因が、国内最大規模と言われる壮麗なイルミネーションです。


      とりわけ圧巻なのが、200メートルもの距離を誇る「光のトンネル」です。夢のような光の回廊と、ライトアップされ昼間とは違った魅力を放つ花々の美しさに多くの人が魅了され、リピーターを増やしています。
      年々進化するなばなの里へのツアーは、いつも花盛りとなっています。



top